組合からのお知らせ

日装連ID第38次研修会・令和2年新春セミナーを開催

 広装協では1月10日(金)午後4時から新年互礼会に先立ち、日装連第38次ID研修会並びに令和2年新春セミナーを開催しID(旧内装士)及び一般組合員計20名が出席した。

 研修会は教育情報委員会茂山和信委員長の司会で進行し、岡田展政副理事長が開会の挨拶を行った。今回のテーマは「高齢化社会に対するインテリア」で、㈱マツドットコムアイエヌジー、愛知淑徳大学創造表現建築インテリア専攻教授の松本佳津(まつもとかづ)様に講演をして頂いた。

 松本様は100歳住宅🄬を提唱しておられ、現代においては100歳迄生きる前提で物事を考える必要があり、人との繋がりが最高の健康法であるが、健康だけではなく幸福感が伴わないと意味がないと説かれ、長寿社会を生きる上でインテリアデザインが非常に重要な要因となると詳しく説明された。受講者は熱心に聴講したあと、積極的な質疑応答もあり午後5時30分に終了した。